« しまじろう6月号の車 | トップページ | 知ったかの明美、健在!、5着に入らない »

2017年8月10日 (木)

娘おすすめ映画スイートチャリティ愛がなきゃ生きてる意味がない。

シャーリーマクレーンが超可愛い!と
娘に薦められ、鑑賞してみました()
ミュージカル映画スイートチャリティ
画像お借りしました。
近所のTSUTAYAになくて、お取り寄せしたDVDだそうです。

20代、30代の独身女性にオススメ
わかる〜、うんうんと、思わず頷きながら鑑賞したそう(-)/
ひろちゃん娘
もうね、けなげでお人よしのチャリティにきゅんとくるよ
あぁチャリティ切ないなぁ、もうって()
有頂天の恍惚顔から、みじめに泣き崩れてメイクで汚れた顔、
疑ぐりぶかい眼差し、信頼の笑顔まで
シャーリーマクレーンの豊かな演技がてんこもり
この映画はバッドエンドとハッピーエンドの2パターンがあるの。
DVDの特典映像として、収録されているよ。
両方、みてね
監督がこのラストを選んだ理由がわかると思うから。

あらすじ下町のダンスホールで働くチャリティ。
OLの仕事にチャレンジしようと就活。
そのオフィスビルのエレベーターに閉じ込められた彼女。
一緒に閉じ込められた男性は、なんと
閉所恐怖症だった。
パニックを起こすオスカーとのやりとりが最高にコミカル。

これまで付き合った男性と違い、誠実で優しく不器用なオスカー。
男性不信だったチャリティは心を開き、次第に2人の距離が近くなるが

ダンス
ニューヨークの下町と都会のダンスの両方を存分に堪能できます

下町のホステスは
野性的で力強い。セクシーなダンス。
ここを出て、もっと良い仕事、まともな人生を送るわ!
新しい人生があるはず
情熱的なラテンのステップを力強く踏む。
黄色赤紫のワンピースをひるがえしながら。
都会のホステスは
洗練されたスタイリッシュな集団ダンス。
ボクシングのようなふりつけ、首手首足首を小刻みに動かし、
マイケルジャクソンみたい!
振付の見事さユニークなコスチューム
動くファッションショーです。

イーデスヘッドデザイナーの奇抜で計算されたファッション、
音楽も、マーチ、ラテン、ポップミュージックビデオをみているような楽しさ
台詞
意外と(?!)セリフがいいんです。
ミュージカルだから、歌とダンスがよけりゃいいか
な〜んて、思ってちゃダメですね笑
皆が言う。
なぜそんな仕事をしているの?
なぜあんな男と?
理由がなければいけないみたいに言う。
理由なんか知らないわ。
だからいつもこう答えるの。
運命の気まぐれってね。

チャリティの過去にこだわり、前へ進めないオスカー。
彼女が語りかける。
服やしゃべり方は、変えられる。腕のタトゥーだって消すわ。

でも、過去は変えられないの。

ひとりぼっちで、仲間へ電話をするチャリティ。
友人たちが電話に集まってくる。
結婚生活どう?あんた、幸せ?ついに幸せになったんだね?
皆のはずむ声が、受話器から聞こえる。
口ごもるチャリティ。
トランクに貼られたALMOSTMARRIEDの紙。
セントラルパークの橋の上から、そっとはがして池へ捨てる姿。

翌朝、うなだれるチャリティの目の前に
白い花と、ラブの指文字が。
そう、そうよねやっぱり愛よねそんな心の声がきこえてきそう。

顔をあげた彼女の瞳が輝きはじめます
そして、再び歩きだす。

愛がなきゃ生きてる意味がない。
ニューヨークの観光名所と彼女の魅力が詰まった1本でした。

« しまじろう6月号の車 | トップページ | 知ったかの明美、健在!、5着に入らない »